fixedImage
TOEICスコア別・セクション別対策解説 10点〜990点まで
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

TOEIC 500点から600点の勉強法 大学生が就活で履歴書に書くスコア





本記事では、

「今、TOEIC 500点なのですが、600点を目指すにはどうすればいいでしょうか?」

というご質問に対して、私の英語指導年以上、名様以上への経験から、お話しさせていただきますね。

500点とはしていますが、TOEIC 500点台の方全員、つまりTOEIC 500点、505点、510点、515点、520点、525点、530点、535点、540点、545点、550点、555点、560点、565点、570点、575点、580点、585点、590点、595点の方もぜひご覧ください。

また、ギリギリ500点に到達していない方。例えば、TOEIC 470点、475点、480点、485点、490点、495点の方にもお役に立てるかと思います。







■TOEIC 500点台の現状把握

TOEICの平均点は、だいたい、

リスニングセクション 310点 リーディングセクション 260点 総合 570点

であることから、TOEIC 500点台というと、平均点ということになります。

大学生の方で、このくらいのスコアの方も多いですし、社会人になりたての方も多いですし、就活等で履歴書にTOEIC 500点台を書く方も多いです。

平均点なので、500点台は一番多くの受験者が取るスコアです。

つまり、TOEIC 500点台の人が最も多いのです。

最も多いということは、最もバリエーションがあるということです。

まさに、

リスニングセクション 310点 リーディングセクション 260点 総合 570点

という平均点のように、バランスが良い方もいれば、

リスニングセクション 330点 リーディングセクション 240点 総合 570点

と、リスニングにやや偏っている人もいれば、

リスニングセクション 290点 リーディングセクション 280点 総合 570点

と、ややリーディングに偏っている人もいれば、
(単純にスコアを見れば、いいバランスですが、平均点が50点リスニングの方が高いことを考慮すると、40点リーディングが強いことになります)

リスニングセクション 390点 リーディングセクション 180点 総合 570点

のように、極端にリスニングに偏っている人もいれば、

リスニングセクション 230点 リーディングセクション 340点 総合 570点

のように、極端にリーディングに偏っている人もいます。

なので、同じ

「現在、TOEIC 500点台で、TOEIC 600点を目指す」

でも、人によって取るべき対策は違いますので、1つ1つお話ししていきますね。







■リーディングセクションに偏っている方

まずはリーディングセクションに偏っている方から。

平均点が50点リスニングセクションの方が高いことを考えると、

1、リスニングの方が高いけど、その差が25点以内である
2、リスニングとリーディングが同じスコア
3、リーディングセクションの方が高い

の3つが該当します。

この場合、どんなにリーディングセクションが低い方でも、

リスニング 265点 リーディング 240点 総合 505

のように、最低でも240点ぐらいあることになります。


このぐらいリーディングが取れるのであれば、「英語の基盤である、英文法と語彙が脆弱な状態」という可能性は低いです。

TOEIC 600点を目指すという短期目標を考えても、現在の状況を考えても、リスニングの強化を行うと良いでしょう。

平均点が示すように、TOEICはリーディングセクションの方がむずかしいのです。

理由は、リスニングセクションは、問題を解きまくったり、リスニング練習を重ねまくったりと、物量作戦でゴリ押しでスコアが上げられる一方、

リーディングセクションは、英文法と語彙を地道に身につけて、「これこれこういう理由でこれが正解になる」とわかって解けるようになる、本物の実力を身につけないといけないからです。

その、伸ばしづらく、本物の実力が必要なリーディングセクションの方が得意ということは、「伸ばしやすい方のリスニングセクションを伸ばせば良い」ということになります。

リスニングはとにかく量です。やればやるだけ伸びていきます。特に英文法と語彙の実力がある人ほど、やればやるだけ伸びていきます。

特に、「リーディングセクションの方がスコアが高い」という方の場合、少なくとも55点はリーディングの方が強いので、TOEIC 600点に到達するまでは、リスニング最優先で、どんどんやると良いですよ。

ただ、スコアが同じ方や、リーディングが得意とは言っても、リスニングセクションの方が高い方は、リスニングをバリバリやりつつも、英文法と語彙も忘れないようにしてください。

TOEIC 600点までは、リスニングが引っ張る形でアップを目指すのも良いですが、そのあとのことを考えると、英文法と語彙が必要になってきます。

600点で頭打ちにならないためにも、英文法と語彙もしっかりとやっていきましょう。

英文法には、「分かる! 解ける! 英文法!」がオススメです。

あるいは、TOEICが必ずしも最優先ではなく、「英会話やライティングなどの実用英語もできるようになりたい」という方は、「英会話のための英文法 G4C」がオススメになります。







■バランスが良い方

続いては、「TOEIC 500点台でバランスが良い方」についてお話しさせていただきます。

具体的には、「リスニングセクションの方が高く、その差が30点〜70点である」という方ですね。

バランスが良いので、バランスよく鍛えていこう‥。となりそうですが、この段階では、私の年以上にわたる、名様への英語指導の経験上、英文法と語彙の方を重視していくことをオススメいたします。

特に、同じ「TOEIC 500点台」でも、前半の方ほどその傾向は強いです。(TOEIC 400点台ならなおさらですね)

なぜかというと、英語の基盤は、英文法と語彙の2つであり、この2つができていないとTOEICスコアが伸び悩み、頭打ちになるからです。

TOEIC 500点台は、一応、その基盤は最低限できているスコアではあります。しかし、まだ「最低限」であり、まだまだ鍛える必要があります。

平均点が示すように、TOEICはリスニングセクションの方が取りやすいのです。そのため、バランスよく伸ばしていくと、自然とリスニングセクションの方が伸びやすくなるのです。そして、後になればなるほど、リーディングセクションで苦労します。

逆にいうと、リーディングセクションの方を伸ばしておくと、後で楽なのです。

そのためにも、TOEIC 500点台だったら、英文法と語彙の方を重視して進めていくと良いです。
(リスニングも並行して、第3の力としてつけていくとよいですよ)

英文法には、「分かる! 解ける! 英文法!」がオススメです。

あるいは、TOEICが必ずしも最優先ではなく、「英会話やライティングなどの実用英語もできるようになりたい」という方は、「英会話のための英文法 G4C」がオススメになります。

ただ、リーディングセクションを220点以下、特に200点以下だったり、「文法が理解できる」の項目が50以下の方に限っては、まだ英文法の基礎が怪しいので、「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」の方がオススメになります。







■リスニングセクションに偏っている方

最後に「リスニングセクションに偏っている方」のお話しです。

具体的にいうと、「リスニングセクションの方が75点以上高い方」が該当します。

この方は、最初からちょっと厳しいことをお話しさせていただくと、今後要注意でして、TOEIC 600点の壁にぶつかる、もしくはもうすでにぶつかっている可能性が高いです。

特に、リスニングセクションの方が100点以上高かったりと、著しくバランスが崩れている方は要注意です。

上記でお話しさせていただいたように、リスニングセクションの方がスコアが取りやすく、「問題を解きまくったから、よくわからないけど問題が解けるようになった」という、「ゴリ押し」でスコアを取りやすいのです。

一方、リーディングセクションは英文法と語彙を身につけ、地道に、本物の英語力をつけて、「これこれこういう理由でこれが答えになる」と解く必要があります。

そこで、リスニングセクションに偏っているとなると、TOEIC 500点台といえど、英語の基盤である、英文法と語彙がまだ脆いという可能性が高いのです。

これだと、リーディングセクションは伸びませんし、リスニングセクションもTOEIC 500点台ぐらいで伸び悩み、頭打ちになり、これからは「これこれこういう理由でこれが答えになる」と本物の実力がないと解けなくなってきます。

特にパート3、4はリスニングセクションとはいえ、選択肢を素早く読まないといけませんから、英文法と語彙が要求されます。

上記のような、厳しい状況と、リスニングセクションの方が強いことを考えると、現時点では、英文法と語彙に専念して、徹底して身につけることをオススメします。

リーディングセクションを220点以下、特に200点以下だったり、「文法が理解できる」の項目が50以下の方は、まだ英文法の基礎が怪しいので、「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」の方がオススメになります。

リスニングに偏っているとはいえ、リーディングセクションが225点以上、特に240点以上だったり、「文法が理解できる」が60以上の方は、基礎が怪しいまでは行かないので、「分かる! 解ける! 英文法!」がおすすめです。

あるいは、TOEICが必ずしも最優先ではなく、「英会話やライティングなどの実用英語もできるようになりたい」という方は、「英会話のための英文法 G4C」がオススメになります。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも英語学習のお役に立てれば幸いです。













TOEIC 200点から400点、500点、800点まで上げる勉強法
https://www.new-toeic.net/archives/2019/01/toeic_200400500.html
本記事では、 「今はTOEIC 200点なのですが。ここからどうやっていけばいいのでしょうか? TOEIC 200点から800点に到達できたりするのでしょうか?」 というご質問に対して、私の英語指導年...

TOEIC 600点の壁の理由と、壁を乗り越える勉強法
https://www.new-toeic.net/archives/2019/01/toeic_600.html
本記事では、 「今はTOEIC 600点の壁にぶつかっているのですが。どうすればいいのでしょうか?」 というご質問に対して、私の英語指導年以上、名様以上への経験から、お話しさせていただきますね。 60...

TOEIC 300点から始める、400点、700点まで上げる勉強法
https://www.new-toeic.net/archives/2019/01/toeic_300400700.html
本記事では、 「今、TOEIC 300点なのですが、まずは400点、さらには700点を目指しています。どうしたらいいでしょうか?」 というご質問に対して、私の英語指導年以上、名様以上への経験から、お話...

TOEIC 500点から600点の勉強法 大学生が就活で履歴書に書くスコア
https://www.new-toeic.net/archives/2019/01/toeic_500600.html
本記事では、 「今、TOEIC 500点なのですが、600点を目指すにはどうすればいいでしょうか?」 というご質問に対して、私の英語指導年以上、名様以上への経験から、お話しさせていただきますね。 50...

TOEIC 100点あげる(アップ)のに何時間の勉強時間が必要か
https://www.new-toeic.net/archives/2019/01/toeic_100.html
本記事では、 「TOEIC 100点あげる(アップ)のに何時間の勉強時間が必要でしょうか?」 というご質問に対して、私の英語指導年以上、名様以上への経験から、お話しさせていただきますね。 TOEIC ...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る