fixedImage
TOEICスコア別・セクション別対策解説 10点〜990点まで
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

TOEIC 600点台の伸び悩み、TOEIC 700点の壁対策





「TOEIC 600点台の伸び悩み、TOEIC 700点の壁対策」

本記事では、

「今、TOEIC 600点なのですが、そこから伸び悩んでいます。なかなか700点に到達できないのですが、どうしたらいいでしょうか?」

というご質問に対して、私の英語指導年以上、名様以上への経験から、お話しさせていただきますね。

TOEIC 600点で伸び悩んでいる方なので、基本的には、TOEIC 600点台の方、全員が対象となります。具体的には、TOEIC 600点、605点、610点、615点、620点、625点、630点、635点、640点、645点、650点、655点、660点、665点、670点、675点、680点、685点、690点、695点の方が対象となります。

また、ギリギリ600点に達していない方、具体的に言うと、580点、585点、590点、595点の方も該当しそうですね。







■TOEIC 600点のレベル

TOEICの平均点は、だいたい、

リスニングセクション 310点 リーディングセクション 260点 総合 570点

なので、TOEIC 600点となると平均点より上。TOEIC 500点だと「ギリギリ中級者」ですが、TOEIC 600点だと「明らかな中級者」ですね。

TOEIC 600点台と言うと、上記のように、平均点より上ではあるのですが、「若干上」というレベル。

平均点周辺の方が一番人数が多いため、600点台もかなり人数が多いです。

ということは、それだけいろいろなタイプの方がいらっしゃいます。

例えば、同じ「TOEIC 600点」でも、

リスニングセクション 325点 リーディングセクション 275点 総合 600点

というように、バランスが良い方もいれば、
(TOEICの平均はリスニングが50点高い)

リスニングセクション 390点 リーディングセクション 210点 総合 600点

あるいは、

リスニングセクション 260点 リーディングセクション 340点 総合 600点

のように、バランスが悪い方もいらっしゃいます。

同じ「TOEIC 600点台の伸び悩み」でも、人によって違うので、パターン別にお話しさせていただきますね。







■リスニングに偏っている方

まず最初は「リスニングに偏っている方」向けのお話です。

先ほどお話ししたように、TOEICはリスニングの方が50点高いのが普通なので、
それを考慮すると、

「リスニングセクションの方が75点以上高い方」

が、「リスニングに偏っている方」ということになります。

最初から厳しいお話をしてしまうと、私の今までの年以上にわたる、名様以上への英語指導の経験上、このタイプの方が、一番伸び悩みます。

特に、リスニングに偏っていれば偏っている方ほど、伸び悩みます。

例えば、

リスニングセクション 370点 リーディングセクション 230点 総合 600点

という方は、かなりリスニングセクションに偏っています。

リーディングセクションは平均の260点を下回っており、リーディングセクションの力である、英文法と語彙に限っていえば、平均以下の力しかないということになります。

そして、英文法と語彙というのは、英語の基盤です。

この2つがしっかりとしていれば、本物の英語の実力があると言えます。

この2つができていれば、リーディングセクションのパート5、6は「これこれこういう理由でこれが答えになる」と実力で解けますし、長い文、複雑な文を読むにも、パート7で実力を発揮します。

リスニングセクションにしても、パート3、4は選択肢を素早く読む必要があるので、英文法と語彙が必要です。

ただ、600点台で、リスニングセクションに偏っているとなると、多くの人はリスニングセクションは300点台後半。高い人だと400点以上の方もいます。

こうなると、もうリスニングセクションも英文法と語彙なしで伸びるのはむずかしい段階です。

「とにかくいっぱい問題を解いてきて、なんとなく解けるようになった」というような、感覚や物量作戦、慣れによる「ゴリ押し」では、これ以上伸びない段階に達しています。

伸ばすにしても、パート3、4など、英文法や語彙の力で伸ばすしかなくなってきています。

そして何より、ここから伸ばすには、リーディングセクションを伸ばす必要があります。

それには何よりも英文法と語彙。この2つにつきます。

ただ、感覚が重視されるリスニングと違って、リーディングは、「これこれこういう理由でこれが答え」というように、ロジックで解く必要があります。

今、リスニングに偏っているということは、今まで、どちらかというと感覚や暗記でやってきた方が多いのです。

でも、ここからはリーディングセクションを「これこれこういう理由でこれが答え」と論理で学ぶ形に転換する必要があります。

暗記や感覚で、そのまま突き進もうとしている人の場合、それではなかなか伸びません。それが伸び悩み、頭打ちになっている可能性が高いです。

語彙、そして何よりも論理が必要な英文法を暗記や感覚ではなく、「これこれこういう理由でこうなる」というように、論理で学ぶようにしていってください。

TOEIC 600点台というと、ほとんどの方は、「分かる! 解ける! 英文法!」がオススメです。

ただ、TOEICが必ずしも最優先ではなく、英会話やライティングなどの実用英語も鍛えたい方は、「英会話のための英文法 G4C」がオススメです。

また、TOEIC 600点台の方だと、なかなかいませんが、リーディングセクションが220点以下の方。特に200点以下だったり、「文法が理解できる」が50以下の方は、まだ基礎も怪しいので、「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」がおすすめです。







■リーディングに偏っている方

続いては、リーディングセクションに偏っている方。

平均点が50点リスニングセクションの方が高いことを考えると、

1、リスニングの方が高いけど、その差が25点以内である
2、リスニングとリーディングが同じスコア
3、リーディングセクションの方が高い

の3つが該当します。

こちらの場合、リーディングセクションが強いわけですから、英語の基盤である、英文法と語彙はできている方がほとんど。

この場合、どんなにリーディングセクションが低い方でも、

リスニング 315点 リーディング 290点 総合 605

のように、最低でも290点はあることになります。

上記のように、「TOEIC 600点台で、リーディングに偏っている」という場合は、ほとんどの方がリーディングセクション300点台。

300点以上あれば、はっきりと英文法と語彙の基盤はある程度できていると言えます。

ここからはリスニングセクションを伸ばしていくことになりますが、平均点が50点高いように、TOEICはリスニングセクションの方が伸ばしやすいのです。

そして、リスニングセクションはとにかく量です。

英文法と語彙、特に英文法は「これこれこういう理由でこうなる」と論理的に理解する必要があるので、質重視ですが、リスニングセクションは、速いスピードにがんばってついていくしかなく、次の音声放送が始まる前に答えるしかない、感覚が重視されるセクションです。

とにかく量をいっぱいこなして、慣れて、力をつけていくしかありません。

その量をいっぱいこなす下地である、英文法と語彙はあるのですから、もうあとはひたすら量をこなしていってください。

TOEICのリスニングは考えている時間がないので、「これだと思うな」という直感で選ばざるをない時があります、リーディングセクションを得意としている方は、考えるのが得意なので、そちらは苦手かもしれませんが、とにかく時間がないので、多少「いい加減だな」と思っても、スピード重視で練習していってください。

伸ばしづらい方のリーディングセクションが得意なので、こちらの方は有望です。リスニングをとにかくスピード重視、量重視でやっていけば、どんどん力がついていく可能性が高いですよ。

ただ、リーディングセクションもこれで完成というわけではないので、余裕があれば、ぜひリスニングと並行して鍛えてみてください。

英文法には「分かる! 解ける! 英文法!」がオススメ。

TOEICが必ずしも最優先ではなく、英会話やライティングなどの実用英語も鍛えたい方は、「英会話のための英文法 G4C」がオススメです。

パート7のリーディング大切でしたら、「英語リーディング実践講座 44」がオススメです。







■バランスが良い方

最後の、バランスが良い方向けのお話です。

具体的には、「リスニングセクションの方が高く、その差が30点〜70点である」という方ですね。

ただ、このタイプの方の場合、伸び悩んでいるとしたら、上記の「リーディングセクションに偏っている方」のパターンもありますし、「リスニングセクションに偏っている人」と同じパターンの場合もあります。

リーディングセクションでは、英文法と語彙をしっかりと鍛えて、「これこれこういう理由でこれが答えになる」というように、論理優先、質重視で学習していってください。

リスニングセクションは逆で、スピード優先で、「考え途中だけど、話しているネイティヴのスピードについていかないと!」とがんばって、細かいことは気にせず、だいたいの意味でいいから取ろうとして、なんとかついていく。

問題も、いつまでも考えてないで、次の方法が始まる前に答えを出す。

リーディングセクションとリスニングセクションではまったく学習法が逆ですが、この2つをバランスよく鍛えていくことが大切です。

英文法には「分かる! 解ける! 英文法!」がオススメ。

TOEICが必ずしも最優先ではなく、英会話やライティングなどの実用英語も鍛えたい方は、「英会話のための英文法 G4C」がオススメです。

パート7のリーディング大切でしたら、「英語リーディング実践講座 44」がオススメです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも英語学習のお役に立てれば幸いです。













TOEIC 200点から400点、500点、800点まで上げる勉強法
https://www.new-toeic.net/archives/2019/01/toeic_200400500.html
本記事では、 「今はTOEIC 200点なのですが。ここからどうやっていけばいいのでしょうか? TOEIC 200点から800点に到達できたりするのでしょうか?」 というご質問に対して、私の英語指導年...

TOEIC 600点の壁の理由と、壁を乗り越える勉強法
https://www.new-toeic.net/archives/2019/01/toeic_600.html
本記事では、 「今はTOEIC 600点の壁にぶつかっているのですが。どうすればいいのでしょうか?」 というご質問に対して、私の英語指導年以上、名様以上への経験から、お話しさせていただきますね。 60...

TOEIC 300点から始める、400点、700点まで上げる勉強法
https://www.new-toeic.net/archives/2019/01/toeic_300400700.html
本記事では、 「今、TOEIC 300点なのですが、まずは400点、さらには700点を目指しています。どうしたらいいでしょうか?」 というご質問に対して、私の英語指導年以上、名様以上への経験から、お話...

TOEIC 500点から600点の勉強法 大学生が就活で履歴書に書くスコア
https://www.new-toeic.net/archives/2019/01/toeic_500600.html
本記事では、 「今、TOEIC 500点なのですが、600点を目指すにはどうすればいいでしょうか?」 というご質問に対して、私の英語指導年以上、名様以上への経験から、お話しさせていただきますね。 50...

TOEIC 100点あげる(アップ)のに何時間の勉強時間が必要か
https://www.new-toeic.net/archives/2019/01/toeic_100.html
本記事では、 「TOEIC 100点あげる(アップ)のに何時間の勉強時間が必要でしょうか?」 というご質問に対して、私の英語指導年以上、名様以上への経験から、お話しさせていただきますね。 TOEIC ...

TOEIC 100点下がった? 100点下がる4つの理由
https://www.new-toeic.net/archives/2019/01/toeic_100100.html
本記事では、 「TOEIC 100点下がったのですが? TOEIC 100点下がるってことはあるのでしょうか?」 というご質問に対して、私の英語指導年以上、名様以上への経験から、お話しさせていただきま...

TOEIC 400点を目指す、TOEIC 400点を取るには? カギは文法です
https://www.new-toeic.net/archives/2019/02/toeic_400toeic.html
「TOEIC 400点を目指す、TOEIC 400点を取るには? カギは文法です」 本記事では、 「今、TOEIC 400点を目指しているのですが、TOEIC 400点を取るにはどうしたらいいですか?...

TOEIC パート7で時間が足りない、終わらない、時間切れになっても大丈夫
https://www.new-toeic.net/archives/2019/02/toeic_12.html
「TOEIC パート7で時間が足りない、終わらない、時間切れになっても大丈夫」 本記事では、 「TOEICパート7でどうしも時間が足りないのです。全部解き終えるためにはどうしたらいいでしょうか?」 と...

TOEIC 600点台の伸び悩み、TOEIC 700点の壁対策
https://www.new-toeic.net/archives/2019/02/toeic_600toeic.html
「TOEIC 600点台の伸び悩み、TOEIC 700点の壁対策」 本記事では、 「今、TOEIC 600点なのですが、そこから伸び悩んでいます。なかなか700点に到達できないのですが、どうしたらいい...

TOEICリーディングの方が低い、リスニングの方が高い場合の対策
https://www.new-toeic.net/archives/2019/02/toeic_13.html
「TOEICリーディングの方が低い、リスニングの方が高い場合の対策」 本記事では、 「TOEICを何回も受けていて、伸びたり、伸び悩んだりもしているのですが、いつもリスニングの方が高いのです。自分の中...

TOEIC 満点(990点)のすごさ、難易度はプロレベル
https://www.new-toeic.net/archives/2019/02/toeic_990.html
「TOEIC 満点(990点)のすごさ、難易度はプロレベル」 本記事では、 「TOEICの満点(990点)を目指しているのですが、やはりむずかしいですよね? どのぐらいすごいことなのでしょうか?」 と...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る